ほうれい線に悩まない|老け顔だなんて言わせない

顔の印象で大切なこと

目元を触る女の人

若さを保つには

顔の印象は様々な要素によって決まります。女性は誰でもいつまでも若々しく美しくいたいと思います。しかし、年を重ねるとともに、顔の印象もだんだんと変わるのです。顔の印象を決めるのは顔のたるみ具合や、ツヤとハリ、そしてしわです。もちろん人間年を重ねるとしわの1つや2つできるものですが、若々しくいるためにはこのしわが天敵となるのです。ほうれい線はその中でも一番きになる部分です。ほうれい線とは、顔の口元あたりにできる線のことで、顔を老けさせてみせる原因となります。ほうれい線ができる原因にはいくつかありますが、大きく分けると3つあります。1つは加齢によるものです。どれだけ手入れをしていても、笑った時にできるほうれい線はしわの中でも最も型が残りやすいのです。年齢を重ねるごとに、顔のハリやツヤが減っていくので、ほうれい線が残りやすくなるのです。2つ目が感想です。肌が乾燥することによって、ほうれい線ができやすくなります。若い人でも保湿を怠ったり、乾燥したままにしているとほうれい線やそれ以外のしわの原因にもなるので注意が必要です。3つ目が日焼けです。顔が焼けてしまうことによってしわが目立つようになります。しみなどの原因にもなります。

しわをなくす方法は

ほうれい線ができたとしても治す方法がないわけではありません。先ほど述べたような原因に対して予防策をとるということも必要になりますが、実際にできてしまったしわを治すには整形が必要です。最近ではこの整形に対して、それほど抵抗はなくなってきています。昔であれば整形はタブーとされていましたが、今ではプチ整形というような言葉ができるくらい簡単に行うことができるのです。整形と言えば、メスを使ってする手術を思い浮かべる人がいると思いますが、もちろんそれだけではありません。最近ではボトックスやヒアルロン酸と呼ばれるような注射によって肌を若く保つことができるようになりました。これはしわのある部分にこの成分を注射することによって、肌のハリを取り戻すというものです。ほうれい線が深く刻まれていたとしても、その患部に直接的に注射をうつことによって解消することができます。またこれにかかる費用についてもそれほど高くなく、数万円で受けることが可能です。注射による施術は1年程度で効果が薄れてしまうという特徴もありますが、逆に言えば、万が一施術に不満があっても一年程度で元に戻るということです。従来の整形と違って取り返しがつく施術なので、美容整形初心者の間で人気となっているのです。