ほうれい線に悩まない|老け顔だなんて言わせない

老けた印象を若く改善へ

フェイス

ほうれい線が口周りにできてしまうと、老けた印象を強くしてしまいます。具体的にはほうれい線は頬のたるみによって起こる現象で、たるみを取り除かなければ改善はできません。それには美容整形での効果が一番で、種類も複数あるので理想に近い方法から選べます。

Read More..

しわを改善する施術

注射治療

手っ取り早くほうれい線を改善したい時には整形がお勧めであり、ヒアルロン酸注射は短時間で済み、体への負担も少ないと評判です。自分の血液を使用して皮膚の再生を促すPRP血小板療法も人気があります。施術はどれも安全ですがダウンタイムや効果の持続性には差がありますので、事前にリサーチしなければなりません。

Read More..

老け顔の原因を解消する

顔を触る中年女性

5歳老けて見られる原因

いわゆる「老け顔」に見られてしまう原因の1つに、シワがあります。シワは加齢によってお肌からハリが失われてきたことのあらわれですが、紫外線によって肌がダメージを受けたりすると若いうちからでも目立ってしまうことがあります。このシワと同じくらい顔を老けて見られると言われているのが、ほうれい線です。ほうれい線は鼻の両脇から唇の外側に向かって左右対称に走っている2本の線で、頬と口元の境界をあらわしています。シワとは異なり誰もがもともと持っているものですが、個人差があって若いうちから目立つ人もいればまったく目立たない人もいます。しかしやはり年齢を重ねたり肌がダメージを受けたりすると、誰でも徐々に目立ってくるようになります。ほうれい線が目立つようになる原因の1つは、シワと同様にお肌がハリを失ってたるんでしまうことです。そしてもう1つは、顔をおおっている筋肉の衰えです。これによって頬にある皮下脂肪が支えられなくなり、垂れ下がってしまうのです。ほうれい線が目立つ顔は、5歳は老けて見えると言われています。ということは、逆に言えばほうれい線を目立たなくすれば5歳は若返って見えるということになります。つまり老け顔解消のためにはほうれい線ケアが非常に重要だということになります。

美容医療で根本解決を

ほうれい線を目立たなくするには、お肌のハリと筋肉の力をよみがえらせる必要があります。そのためにはまず、スキンケアと顔のエクササイズに取り組むのがよい対策となります。ただ、皮膚の弾力や筋力はどうしても年々落ちていくので、よほど根気よく続けないと衰えをカバーすることができません。もし根本的な解決を望むなら、美容整形という選択肢があります。以前は美容整形というと特殊な人たちのみが利用するものというイメージがありましたが、現在ではメイクとあまり変わらない感覚で手軽に施術を受ける人が増えています。ほうれい線を目立たなくする美容整形術の代表的なものが、フェイスリフトです。これは耳の横など髪で隠れるような場所を切開し、頬を引っ張り上げるというテクニックです。皮膚のみを引っ張る場合もあれば、その下にある筋肉組織を一緒に引っ張る場合もあります。いずれも永続性の高い効果が得られます。一方、メスを全く使わないプチ整形と呼ばれる技術も採用されています。その1つがヒアルロン酸注射で、弾力性のある特殊な薬液を頬に注入することでお肌にハリを持たせることができます。効果の持続期間は数か月程度ですが、費用が安いため何度も繰り返し施術できるというメリットがあります。

顔の印象で大切なこと

目元を触る女の人

ほうれい線は顔の印象を決めるのに大切な部分です。ほうれい線ができる原因には日焼けや乾燥、加齢によるものがあります。これは整形によって解消できます。整形といっても注射によって行うもので、費用も高くないのが特徴です。

Read

きれいになるために

女性医師

ほうれい線を消す方法はいくつかありますが、一番効果的なのは整形手術を受けておくことです。そのためには良い先生を探さなければならないため、実際に足を運んで話を聞いて判断したいです。ただ、その前にインターネットを使って、ニ、三軒くらいに絞り込むと良いでしょう。

Read